message

TOP / 照正組について / 照正組のメッセージ

照正組の使命 人をつくり、地域に尽くす

人をつくり、地域に尽くす

人をつくりとは、私たちの技術を通して相手のしあわせを叶え、更にその技術を社内で共有し、「世のため、人のため」にお役立ちできる人財を育成すること。

地域につくすとは、地域の方々に支えられてきたという感謝を忘れず地域の要望に応え、地域の人たちといっしょに歩んでいくこと。

照正組の仕事は、「人づくり」を基本としています。それが地域に貢献するために必要だからです。「技術は人柄」という言葉があるように、優れたサービスには、相手を想う温かな心、人としての想いが宿っています。いついかなる時にも社員一同がその「想い」を忘れないために、勉強会、行動、ボランティア活動などを日々実践しています。私たちの心が一つになって初めて、お客様の大切な財産を守る快適な環境づくりが行えるのです。建設に携わるプロとして、人を、お客様を、地域を想う。その成果がひいては地域貢献につながる…。

照正組の使命はこうして実践されています。

照屋 義実

てるまさグループ代表

照屋 義実 てるや よしみ

昭和22年11月15日生まれ。福島大学経済学部卒業後、工作機械の専門商社・株式会社山善勤務を経て、昭和49年2月に照正組入社。昭和52年1月、専務取締役に就任。 平成3年5月に代表取締役に就任。「沖縄県建設業協会」会長、「沖縄県商工会連合」会長、「全国商工会青年部連合会」会長、「与那原のまちかどに図書館をつくる会」会長などを経て「与那原商工会」会長に就任。ほか、「沖縄掃除に学ぶ会」の代表世話人など歴任し、多くの社会活動を行っている。
座右の銘:人をつくり地域に尽くす・尚豊愛郷

照屋 圭太

代表取締役社長

照屋 圭太 てるや けいた

昭和51年11月6日生まれ。京都建築大学校卒業後、営業経験を経て、平成10年照正組入社。
平成29年7月専務取締役に就任。平成30年7月代表取締役社長に就任。
その他、平成24年10月グループ会社である照正興産の代表取締役社長に就任。「島尻青年会議所」副理事長、「与那原町商工会青年部」部長など、多くの社会活動を行っている。
大切にしている事:愛・貢献・達成