アパート建築・経営

80%気に入ったらまずは申込み

アパート経営の成功へのポイント

見積りと収支計画に納得したら、次はいよいよ設計の申込みです。
この段階では、具体的な建物の仕様や、細部にわたるデザインの設計を行っていきます。

設計申込みはいつでもキャンセルが可能です。
建築業者によっては、「申込み後はキャンセル不可能となっています」とオーナーに伝え、強引に契約を取る会社もあります。しかし、これは契約ではありません。
そもそも設計申込みとは、オーナーが「アパート建築をします」と建築業者に伝えることです。現段階では、あくまで「予約」扱いですので、最終的な契約とは異なります。

また、申込み金をとる会社にも注意してください。
申込み金は支払う必要はありません。申込み金を請求する建築業者は、「せっかくお金を払ったのだから契約しようかな……」とオーナーが考えることを狙っているのです。

申込み後に何か不具合が生じればいつでもキャンセルできますので、「ほぼ建築すると決めた」状況になったら申込みをしましょう。
ただ、いくらペナルティーがないからといって、節度なくキャンセルすれば、当然トラブルの原因にもなりかねません。
だいたいの気持ちが80%くらい固まったら申込みをするとよいでしょう。