アパート建築・経営

建築業者と管理会社の選び方

アパート経営の成功へのポイント

長期間の事業として、長く付き合える会社を選ぶことが重要です。

肝心のアパートの建築会社と今後の運営を任せる管理会社の選び方についても押さえておきましょう。
何度も繰り返しますが、成功のコツは、長期間の事業として長く付き合える会社を選ぶことです。
まず、建築会社についてです。

正しい建築会社の選び方

全国規模で展開する大手であることをPRしている企業は、知名度もあり、一見安心して任せられると思います。ですが、裏を返せば、全国エリアに「広くて浅い」知識しか持っていないとも受け取れます。

このような企業は、全国のデータ事例をもとに市場調査結果を収集しオーナーに提示します。しかし、このデータはどこからでも収集できる情報ですし、データからでは決して読み取れないその地域ならではの特徴というものもあります。
数値には決して表れない、地域ならではの情報を持っているのが、地元企業の強みです。
地域に根ざした会社であることは、パートナーとしてとても心強い条件となります。

また、経費のかかりそうな会社や多くの営業マンを抱えている会社も気をつけましょう。
このような会社は売上を上げるために大々的に広告宣伝を行っています。
その多額の広告費や固定費(建物の維持費、人件費など)は、オーナーの建築費用に上乗せされます。

そして、そのような会社は歩合制で営業マンを雇っているケースがほとんどです。
アパート建築を受注するための高額な人件費や歩合給は、すべてオーナーが負担しているとお考え下さい。

歩合制の給与体系の会社は、営業マンの生活も売上にかかっているため、アパート建築の見込み客に「夜討ち朝駆け」の営業攻勢で受注を取ろうとします。

実際に、押し売り営業で言葉巧みかつ強引に契約を結ばされ、痛い目にあったオーナーはけして少なくありません。
ですので、頻繁に広告を出している建築会社や、やたらと営業マンを抱えている会社には気をつけましょう。

正しい管理会社の選び方

アパート経営をするにあたって、管理会社は欠かすことができない存在です。
管理会社がなければアパート経営の成功は難しいと考えても差し支えありません。

管理会社の主な仕事は以下の通りです。

  • 入居者の募集や選定審査
  • 退去時の立会い
  • 入居者からのクレーム処理
  • 内装工事や蛍光灯交換の手配
  • 建物設備の巡回や修理
  • 騒音などの近隣とのトラブル解決
  • 共用部分の定期清掃
  • 家賃滞納者への督促
  • 消防設備点検
  • 貯水槽の清掃
  • 漏水や火災などのめったに起きない事故のときの改修・補修工事
  • 公共料金の支払いや各種証明書の代理発行...など

アパートの建築について建築会社と話し合いをし、不動産仲介会社と一緒に入居者探しをする。さらに、管理会社と入居者やアパートの管理を行うなど、一人の人間がする作業としてはあまりにも骨が折れます。
多くのオーナーがアパート経営に失敗するケースとして、オーナーにかかってくる負担で仕事が回らなくなることが原因である場合がとても多いのです。

これだけ煩雑な業務が待ち構えているのですから、すべてを代行してくれる会社が望ましいもの。さらに、オーナーに対して、きちんと管理業務報告や定期訪問・コンサルティングなどの完全トータルサポートを行ってくれるなら安心です。

また、長年の実績と経験、信頼性のある管理会社を選ぶことがポイントになります。こうした管理会社はさまざまな経験を積んでおり、入居者対応にも慣れています。

ほかにも、アパートを建築した業者の運営する管理会社では、設備の取り替え時期などに関するアドバイスや、より魅力的なリフォームの提案なども期待できます。

建築だけでなく、管理運営についても良いビジネス・パートナーを選ぶことが、成功するアパート経営のポイントとなります。

照正組では、アパートの建築から、その後の入居から管理までグループ一貫体制でオーナー様のお手伝いをさせていただいております。