アパート建築・経営

費用負担を軽減する建築品質

計画段階から修繕費を抑えられるように配慮した設計計画と、建築品質が重要になります。

将来発生するメンテナンス費用を節約する高い建築品質が自慢です

入居者を数十年間にわたって安定して確保するには、常に快適な住空間を提供しなければなりません。
そのためのメンテナンス・リフォーム費用がオーナー様に重くのしかかるようでは、アパート経営は成り立ちません。
照正組では、あらかじめ修理・修繕費用を事業計画に組み込むだけでなく、建物の老朽化を遅らせる建築技術があります。これが、照正組の強みです。

調査項目

  • 定期的な修理・修繕コストは
  • 入居者が魅力を感じる住まいの維持コストは
  • 経年劣化を防ぐ建築施工手法とは

照正組は、十年先を配慮した予算設計と、老朽化による修繕負担を最小限に抑える建築施工を提供しています。

経年劣化を遅らせる方法とは?

老朽化によって発生する修繕費は金額が大きいため、できるだけ予算がかからないようにあらかじめ最小限に抑える工夫が大切です。
まずは、アパート建築の計画段階から修繕費が抑えられるように配慮したアパート設計を考えることから実践しています。
その後は、普段からこまめに手入れをすることできれいに保ち、賃貸物件の品格にもつながり、また入居者の満足にもつながります。

建物の経年劣化を遅らせる手法例

外壁タイル貼り 塗り替えや、張り替え工事の必要性がなく、費用的にもかなり抑えられ、建物の高級感や品格を維持できます。
サヤ管工法 サヤ管工法とは、プラスティック素材でできたCD管にポリエチレン管を配管したものです。CD管内部でのつなぎ目がないため漏水の心配がなく、メンテナンスも簡単に行えます。
ホーローシステムキッチン 湿気に強く、手入れにも強いホーローシステムキッチンを使用することで耐久性がアップします。
外部付属品 錆びにくい材料を使用することによって修繕費が抑えられ、見た目の美しさも維持できます。
高い耐食性を持ち、デザインや光沢が魅力のアルミ材を採用することによって、長期に渡ってかかる保全の手間と費用を大幅に抑えることができます。

オーナー様の声

お客様の喜びこそ、照正パワーの糧。これからも「共に感動の家づくり」を目指し続けます。

照正組がアパート建築・経営をお手伝いさせていただいたお客様の声を集めました。
「どのようにして照正組に決めたのか?」、「依頼中の対応はどうだったか?」など、皆様のアパート建築・経営の参考にしてください。