アパート建築・経営

入居者視点で満室経営

入念な事前調査のもと、地域ごとの管理戸数などを十分に考慮。供給計画に沿った建築プランを提案いたします。

建築地の将来性を徹底して調査し、入居者視点で計画を立てます

賃貸住宅の経営は数十年にもわたる長期的なものです。将来を見据え、入居者のニーズを的確にとらえたアパートでなければ、オーナー様のご期待どおりの収益を上げることはできません。
土地はオーナー様の大切な資産です。それをうまく活用し資産運用するために、照正組では地域ごとに入念な調査を行い、確実に需要が見込める土地オーナー様だけに、アパート建築を提案させていただきます。

調査項目

  • たて地の市場性・事業性はあるか
  • 入居希望ニーズはあるか
  • 周辺環境はアパートの展開にふさわしいか
  • どれくらいの供給戸数が見込めるのか

照正組は、数十年先を見据えた調査分析と事業計画提案で、建築候補地の事業性を厳しく見極めます。

入居率97%の秘訣とは?

アパート建築・アパート経営でもっとも重要視しなければならないのは「入居者視点」です。
オーナー様が主観的にアパート建築をとらえるのではなく、「客観的に入居者の視点」で考えることが重要です。
そこで、照正組では、てるまさグループで企画・設計・建築・管理をしている賃貸アパートにお住まいの入居者全員に、アンケートや入居者インタビューを定期的に行っています。
実際に住んでいる入居者の方々の声を聞くことにより、入居者が求めている最新の情報を常にとらえることができます。

市場調査はきめ細やかに

アパート建築をする前に、まず周辺環境や相場を徹底的に調査しておくことが重要です。市場調査を綿密に行うことによって、家賃を適正にし、入居率を高めることができます。
照正組では以下の調査を行い、お客様に支持されるアパート建築・経営を可能にしています。

はじめに 調査の目的
定量調査 人口と世帯、人口増減率、アパート着工棟数、非木造建築と持家の比率、周辺家賃相場
近隣の建物状況(間取りや坪数)近隣の空室状況
定性調査 入居の決め手になったこと、入居者の外観デザイン満足度、入居者の内装デザイン満足度
入居者の間取り満足度、入居者の設備満足度、その他入居者のコメントデータ
将来調査 今後の開発状況の確認
今後の道路整備状況の確認
結論・まとめ 弊社の見解

数十年先を見据えた事業計画書で、アパート経営の成功を導きます

市場調査から敷地調査、事業計画の提案だけでなく、メンテナンス・リフォーム費用など、将来にかかる経費をあらかじめ予算化し、その上で収益がしっかり確保できる事業計画書を作成。金利上昇を想定した収支シミュレーションも行います。

オーナー様の声

お客様の喜びこそ、照正パワーの糧。これからも「共に感動の家づくり」を目指し続けます。

照正組がアパート建築・経営をお手伝いさせていただいたお客様の声を集めました。
「どのようにして照正組に決めたのか?」、「依頼中の対応はどうだったか?」など、皆様のアパート建築・経営の参考にしてください。